ストレスで太ってしまうと、ちょっとやっかいな太り方をしてしまうそうなのです。
太る原因によっても、脂肪のつく場所が違ってきてしまうのですね。
実はストレスが原因で脂肪がつきやすい場所は、内臓なのだそうです。
内臓脂肪は健康に有害なものです。
ストレスが原因で起こる肥満は、体に悪影響を起こしてしまうのですね。

ですので、ストレスが原因で太ってしまった場合は、
そのストレスを排除するか、もしくは上手にストレスと付き合っていく必要があります。
もし、あなたがダイエットに成功したとしましょう。
でも、肥満の原因であったストレスが改善されない限り、あなたはまた
太ってしまう可能性は高くなってしまいます。
せっかく痩せてもまたリバウンド・・・。

それではストレスをどう乗り越えればいいのでしょうか?
ストレスの原因を排除できればいいのですが、
たいていの場合、そう簡単にはなくなりません。
環境を変えることは難しいことです。

そこで上手にストレスを発散していく方法をご説明していきます。
それは有酸素運動です。

前回、リバウンドをしないダイエットの注意点として、
「ストレスをためない、ストレスがたまったら上手に発散させること」
という点をあげました。

ですが、ストレスと肥満って関係性がありそうですが、
直接結びつけるには、ちょっと難しい気もします。
なぜストレスがたまると太る原因になってしまうのか?
ということについて、ご説明していきたいと思います。

ちょっと難しいお話になってしまうのですが、
私たちが何らかの原因でストレスを感じているとします。
すると、体の中で異変が起こります。
副腎皮質ホルモンのコチゾールという物質を作り出します。
これで、ストレスに対抗しようと体が反応するのです。
さらに、エネルギーが切れないように脳に働きかけます。
すると脳は、何かを食べてエネルギーを摂取するように命令を出します。
つまり、食欲が増進してしまうのです。

結果、ストレスは私たちに食欲や空腹の感覚を感じさせてしまうのです。

ストレスなくダイエットできればいいのですが、
ダイエット自体がストレスになってしまっては、本末転倒です。
ベルタ酵素なら、味もおいしくノンストレスでダイエットができると
人気があります。

リバウンドとは、急激なカロリー制限のための栄養不足や、
急激な体重の減少のダイエットをしたため、脳が命の危機を感じ、
これ以上痩せないように命令したり、少しの量を食べただけでも、
効率よく最大限に吸収して蓄えようとする「適応」という力が
働くことによって引き起こされます。

脳も、生命の危機を感じているので必死です。

このリバウンドを引き起こさずにダイエットするには、
脳に生命の危機を感じさせないダイエットをすることがポイントです。

・過激な食事制限をしない
・急激に体重を落とさない
・ストレスをためない、ストレスがたまったら、上手に発散させること
・バランスよく栄養を摂取しながら、カロリーを減らす
・運動も取り入れたダイエットをする

ということが大切になってきます。

脂肪を分解する消化酵素が入っているきゅうりを使ったすりおろしキュウリダイエットが流行っていますが、
脂肪分解酵素は、きゅうりだけではなく、トマトや大根など様々な野菜に含まれます。
ひとつのものばかり食べ続けるのは、栄養が偏ってしまい、かえって効果がなくなってしまうので、
気を付けましょう。

食べる量を急激に減らした結果、体重は減りました。
しばらくすると、そこから減らなくなります。
そして元の食事や生活に戻すと、みるみる体重は元に戻り、
更には以前より太ってしまう・・・

このダイエットの方法で、何がリバウンドの原因になってしまったのか、
もうおわかりですね!

そうです、「急激に食べる量を減らしたから」ここですね。

食べる量が急激に減るとどうなるのでしょうか。
人間の脳は、それを「命の危機」と受け取ります。
すると脳は、次のような行動にでます。
体に食べたもののエネルギーを効率よく脂肪に変え、
体に蓄えるように命令を出します。
脳にとったら、命の危機ですから必死です。
例え我慢して少しの量を食べたとしても、脂肪になってしまうのです。
これを「適応」といいます。

「摂取カロリーが消費カロリーを上まらないこと」に重点をおいた
ダイエットをするなら「美容液ダイエットシェイク」がおすすめです。
栄養を摂りながらのダイエットなので、リバウンドなし!
賢くダイエットをしましょう!

リバウンドはなぜ起こるのでしょう?
リバウンドさえなければ、すんなり痩せられる!という人も多いはずです。
リバウンドを起こさなければ、痩せられるはずです。
それでは、リバウンドの原因を詳しく説明していきましょう。

まず、ダイエットの方法ですが、単純で正しい方法は1つだけです。
それは、「摂取カロリーが消費カロリーを上まらないこと」これだけです。
食べる量を減らす、ということをまず考えなくてはなりません。
ですが、ここに問題があります。
食べる量を極端に減らすと、最初の1ヶ月、2ヶ月は体重が一気に落ちます。
しかし、しばらくすると体重が思うように減らなくなってきます。
すると「これがベストの体重なのか」と思うでしょう。
そこで食べる量を普段どおりに戻してみると、
みるみる元に戻ってしまった、かえって太ってしまった、
これがリバウンドと呼ばれる減少です。

皆さん誰しもが、ダイエットを多少は経験したことがあると思います。
ダイエットとは、自分との戦い。
食欲を抑えて、食事制限をしたり運動をしたり、好きなものを我慢したり・・・
我慢をしなければいけないことがたくさんあります。
アルコールや甘いものを我慢することは、好きな人にとっては辛いことですよね。
どんどんとストレスがたまっていきます。
さらに、思ったように痩せないとなると、さらにストレスがたまっていきます。

また、短期で痩せようとすると、今度は身体に負担がかかってしまいます。
栄養バランスが偏り、身体は命の危険を感じるのでしょう。
どんなに努力をしても痩せなくなってしまいます。

ダイエットによる過度のストレス、急激にダイエットしたことによる
身体の命の危機が、リバウンドを引き起こしてしまいます。
このリバウンドを避けて、健康的に痩せることができれば、
美しい体型になっていくはずです。

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !